PMDDチェックリスト

PMS・PMDD

正式に診断名を下すのは精神家のドクターですが、「PMDDに当てはまるかも!」と思って、代替療法に取り組む余裕がある方は、自分の生活改善や、心の癖の修正、人間関係や仕事の見直しなど、取り組んでみるといいですよ。

↓↓↓チャンネル登録&グッドボタン歓迎

各項目についてわかりやすく動画で説明していますので、よかったら見てみてくださいね。

PMDDチェックリスト

DSM-5では以下のA~Gをすべて満たすとPMDDと診断するので見てみてください。

PMDDチェックリスト

A.ほとんどの月経周期において、月経開始前最終週に少なくとも5つの症状が認められ、月経開始数日以内に軽快し始め、月経終了後の週には最小限になるか消失する.

B.以下の症状のうち,1つまたはそれ以上が存在する.

  1. 著しい感情の不安定性(例:気分変動;突然悲しくなる,または涙もろくなる,または拒絶に対する敏感さの亢進).
  2. 著しいいらだたしさ,怒り,または対人関係の摩擦の増加.
  3. 著しい抑うつ気分,絶望感,または自己批判的思考.
  4. 著しい不安,緊張および/または“高ぶっている”とか”いらだっている”という感覚.

C.さらに,以下の症状のうち1つ(またはそれ以上)が存在し,基準Bの症状と合わせると,症状は5つ以上になる.

  1. 通常の活動(例:仕事,学校,友人,趣味)における興味の減退.
  2. 集中困難の自覚.
  3. 倦怠感,易疲労性,または気力の著しい欠如.
  4. 食欲の著しい変化,過食,または特定の食物への渇望
  5. 過眠または不眠.
  6. 圧倒される,または制御不能という感じ.
  7. 他の身体症状,例えば,乳房の圧痛または腫脹,関節痛または筋肉痛,“膨らんでいる”感覚,体重増加.

注:基準A〜Cの症状は,先行する1年間のほとんどの月経周期で満たされていなければならない

D.症状は,臨床的に意味のある苦痛をもたらしたり,仕事,学校、通常の社会活動または他者との関係を妨げたりする(例:社会活動の回避:仕事,学校,または家庭における生産性や能率の低下).

E.この障害は,他の障害,例えばうつ病,パニック症,持続性抑うつ障害(気分変調症),またはパーソナリティ障害の単なる症状の増悪ではない(これらの障害はいずれも併存する可能性はあるが).

F.基準Aは,2回以上の症状周期にわたり,前方視的に行われる毎日の評価により確認される(注:診断は,この確認に先立ち,暫定的に下されてもよい).

G.症状は,物質(例:乱用薬物,医薬品,その他の治療)や,他の医学的疾患(例:甲状腺機能亢進症)の生理学的作用によるものではない.

 

 

 

【LINEから質問・感想をお気軽にどうぞ】

無料質問が1対1秘密のトークでできます。

(※匿名でブログに掲載することもあります)

登録無料・解除3秒

↓↓↓

検索 @kqu8975l

PMS・PMDD
原口ひろみをフォローする
Next Balance

コメント

タイトルとURLをコピーしました