PMS・PMDD

感情とエストロゲンの関係とは?

エストロゲンと女性の感情との関係についてマシューホフマン医学博士による発表があります。

2019年7月23日にNivinTodd、MDによって医学的にレビューされました

今回は閉経後までの女性ホルモンと感情の関係について時系列にとりあげます。

エストロゲンが女性の感情的な幸福と密接に関連していることは明らかです。

うつ病と不安は、男性や閉経後の女性よりも、エストロゲン産生年の女性に影響を与えることがよくあります。

また、エストロゲンは、月経前症候群、月経前不快気分障害、産後うつ病など、女性にのみ発生する気分の混乱にも関連しています。

とはいえはエストロゲンが感情にどのように影響するかは、複雑です。

エストロゲンが多すぎませんか?

足りてない?

みたいな単純な話ではありません。

エストロゲンの感情的な影響は、気分そのものとほぼ同じくらい神秘的なことなんです。

エストロゲン:正常とは何か?

思春期から、女性の卵巣は毎月の月経周期に合わせてエストロゲンを放出し始めます。

サイクルの途中で、レベルが突然急上昇し、卵子の放出(排卵)を引き起こします。

その後、同じようにすばやく落下します。

月の残りの期間、エストロゲンレベルは徐々に上昇および下降します。

通常のエストロゲンレベルは大きく異なります。

大きな違いは、異なる日の女性、またはサイクルの同じ日の2人の女性の間で典型的です。

エストロゲンの実際に測定されたレベルは、感情的な障害を予測しません。

ホルモンと脳

それは、エストロゲンが気分を調節する主要なプレーヤーではない、ということではありません。

エストロゲンは、感情を制御する脳の部分を含め、体のいたるところに作用します。

エストロゲンの効果には、次のようなものがあります。

  • セロトニンの増加、および、脳内のセロトニン受容体の数。
  • 脳内の「心地よい」化学物質であるエンドルフィンの生成と効果を変更します。
  • 神経を損傷から保護し、おそらく神経成長を刺激します。

これらの影響が個々の女性に何を意味するかを予測することは不可能です。

エストロゲンの作用は、研究者が完全に理解するには複雑すぎます。

一例として、脳に対してエストロゲンがプラスの効果を持っているにもかかわらず、多くの女性の気分は、エストロゲンレベルが非常に低い閉経後に改善します。

一部の専門家は、一部の女性は月経周期のエストロゲンの通常の変化に対してより脆弱であると信じています。

彼らは、気分障害を引き起こすのは生殖期のホルモンのジェットコースターであると示唆しています。

エストロゲンおよび月経前症候群(PMS)

生理前になんらかの不快な症状を経験している女性は、多いでしょう。

その症状が生活の質を妨げるほど確実に深刻である場合、それは月経前症候群(PMS)として定義されます。

一般的に言って、PMSは次の場合に存在します:

  • 身体的および感情的な症状が、複数の連続した月経(期間)の数日前に確実に発生する。
  • 症状は、生理が完了すると消え、他の時間には発生しない。
  • 症状は重大な個人的問題を引き起す(職場、学校、人間関係など)…この問題は、薬、薬、アルコール、またはその他の健康状態が原因ではない可能性がある。
  • 腹部膨満、腕や脚の腫れ、乳房の圧痛は通常の身体的症状です。
  • 過度に感情的であると感じたり、うつ病、怒り、過敏症を経験したり、不安や社会的引きこもりを感じたりすることがある。

20%から40%もの女性が人生のある時点で月経前症候群を患っている可能性があります。

エストロゲンおよび月経前不快気分障害(PMDD)

PMSと同様に、月経前不快気分障害(PMDD)の女性は、生理前に定期的に否定的な気分症状を発症します。

一部の専門家は、月経前不快気分障害をPMSの重症型と見なしています。

PMDDでは、気分症状はより重症で、しばしば身体症状を覆い隠します。

情緒障害は、日常生活に問題を引き起こすほど重大です。

女性の3%から9%が月経前不快気分障害を経験しています。

エストロゲンはこれらの気分障害に関与しているように見えますが、正確にはどのような機序かは謎に包まれています。

PMSまたはPMDDの女性のエストロゲンレベルはほとんどの場合正常です。

問題は、代わりに、エストロゲンが気分に関係する脳の部分に「話す」″talks″方法にあるかもしれません。

PMSまたはPMDDの女性は、月経周期中のエストロゲンの通常の変動の影響をより受ける可能性があります。

イメージすると、ホルモンの揺れ動きは、波で、症状は、船酔いです。

波が穏やかな時より、荒い時の方が船酔いしやすくなりますが、友達や家族と船に乗った時に、同じ揺れ酔って良いやすい人と、違いますよね。

エストロゲンと産後うつ病

出産後に「ブルー」になることは非常に一般的であり、以上というより、むしろ正常と見なされます。

そうなってもおかしくない。

女性の10%から25%は、出産後最初の6か月以内に大うつ病を経験します。

出産後のエストロゲンの突然の低下は明らかな原因のようですが…この関連性は証明されていません。

産後うつ病は、他のうつ病と同様に、抗うつ薬、治療法、またはその両方で治療されます。

エストロゲンおよび閉経周辺期のうつ病

閉経前の数ヶ月または数年(閉経周辺期と呼ばれる)、この時期のエストロゲンレベルは不安定で予測不可能です。

閉経周辺期には、女性の最大10%が、不安定なエストロゲンレベルによって引き起こされる可能性のあるうつ病を経験します。

いくつかの研究は、経皮エストロゲンパッチを単独で使用することで閉経周辺期のうつ病を改善できることを示唆していますが、これは標準的な介入方法ではありません。

これらの研究では、抗うつ薬は女性に投与されませんでした。

エストロゲンと閉経後のうつ病

閉経期には、エストロゲンレベルは非常に低いレベルまで低下します。

興味深いことに、経口エストロゲンを服用しても、閉経後の女性のうつ病は改善されません。

ホルモン補充療法を評価する大規模な試験では、エストロゲンを服用している女性は、プラセボを服用している女性と同じメンタルヘルスを報告しました。閉経後、女性のうつ病の割合は低下し、同じ年齢の男性と同様になります。

参考

https://www.webmd.com/women/guide/estrogen-and-womens-emotion

By Matthew Hoffman, MD

Medically Reviewed by Nivin Todd, MD on July 23, 2019

読んで感情を整えるメルマガ|不定期配信中

心も身体も健康になって人生が豊かになるメールマガジンを書いています。

イベント、治療のご案内もこちらから。

メルマガ登録はこちらから